「日本一長い路線バス」にタダで乗って果無まで・・・舎主の相方京ねこのブログです

世界遺産「熊野古道小辺路」、その途中にある「果無(はてなし・・・ネーミングから魅かれる!)」歩いてみたいなあ~と思っていたら、お得キャンペーンを見つけました。

「十津川温泉に泊まれば往復バス代キャッシュバック。」

路線バス代と馬鹿にするなかれ、大和八木駅から十津川温泉まで、片道4時間25分・乗車賃3400円です。

熊野本宮を通り終点の新宮まで行くと、166.9キロ、6時間半、5250円の日本一長い路線バスです。

まずは今回は様子見、十津川温泉に泊まり徒歩で果無峠の手前まで往復して、また八木までバスで戻ってきました。

はい、同行のまりこはんと私、果無集落の記念碑の前で満足の笑顔です。

 

行きは「上野地」バス停で途中下車して、長さ297メートル、高さ54メートルの谷瀬のつり橋を渡り、谷瀬の集落を散策します。

なんだかどこかで見た風景、と思ったら映画「萌の朱雀」のイメージです。

あの映画のロケ地は、十津川村への入り口の五條市でしたね。

 


 

う~ん・・・気持ちがいい!!と伸びをしちゃう。

 

谷瀬集落内には「ゆっくり散歩路」という散策路が整備されていて、つり橋を見下ろせる展望台までの散歩は小雨が降っていたにもかかわらず、本当にゆっくり、のんびり。

丸太の柵が打ち込まれ、赤い松葉が敷き詰められた山道はなんと美しいこと!

 

途中「こやすば(山仕事で一休みする場所の意)」という、古民家を改造した休憩所も丸太のベンチも水車もあります。

 

 


 

さて、今夜の泊りは、果無登り口から徒歩5分の民宿「松乃屋」

ホームページが古道歩き好きの触覚に引っかかりました。

予想通り、景観・温泉・食事、そして気さくな女将さん、当たりでした。

時々こういう宿のクチコミに、古い・田舎料理ばかり・サービスが云々・・・という書き込みを見ますが、そもそも何を求めて田舎の宿に泊まるのかなあ~と不思議です。

宿周辺の眺め・・・十津川が大きく蛇行して巨大な湖沼のように見えます。国道168に架かる「柳本橋」の朱色が素晴らしい!

松乃屋の屋上にある露天風呂・・・満天の星(この日は実は小雨の中だったのですが)を眺めて満足!

後ろに見えるイルミネーションだけが???ですが・・・


 

そして翌日、あさ7時半に宿を出発して果無集落へ。

同宿の方は、5時出発で峠越えに向かわれた様子。「なるほどー、次回はわたしも・・・」と収穫あり。

世界遺産の道は石畳が整備されています。

 

果無集落では民家の間を通らせていただきます。


ここは標高何百メートル?集落で現在も耕作されているらしい水田。

下の国道が走っている辺りは、わずかな平地にかろうじて家が建っているだけ・・・ここに登って初めて田圃を見ました!

まりこはん・・・「山口茶屋跡」の古木から古の気を読み取ろうとしてる?


 

四日間歩けば、高野山から熊野本宮大社までの「小辺路」と呼ばれる道を歩けるという。

歩き通してみたい~!

 

***このバス代キャッシュバックキャンペーンは3月30日で終了しています。***