ご近所散策―宝ヶ池いこいの森

昨秋ちょっと脚を痛めた私は、今リハビリも兼ねて毎日のご近所散策が日課です。

今日は、自宅から徒歩30分の「宝ヶ池いこいの森」へ。

南は大文字山、東に比叡山、北に北山の山並みを眺めながら加茂川の上流、高野川の橋を渡ります。

 

いこいの森入り口。

トイレもあるし、ひと休み・・・この奥にお気に入りの場所があります。

 

「京都府警察平安騎馬隊」の厩舎です。

見学は自由、こんな間近に疾走する馬を見ることが出来ます。

 

宝ヶ池に続く道は木々に囲まれた広い道。

ウオーキングやジョギングをする人、ボートに乗りに来た家族連れやカップル、たくさんの人が集まります。

 

「桜の森」から私は道を逸れて「山間園路」に入ります。

池の南側の山は松ヶ崎集落に繋がる小高い里山です。園路はその尾根に造られています。

 

池と繋がる道は、地図以外にも沢山あります。気の向くままにフラフラ・・・

鹿に出会うこともしばしば。

眼下には池と国立京都国際会館が見下ろせます。

 

池の反対側(松ヶ崎側)に降りれば、五山の送り火で有名な法の山を降りることになりますが・・・個人所有の山なので基本的にはダメです。


今日は梅も見頃かと梅林園へ降ります・・・がちょっと早いかな?

 

池の西側から眺める比叡山=ウチの裏山(と勝手に呼んでいる)・・

惚れ惚れするワ~( ^ω^)・・・

 

ド迫力の躍動感!

「エスタンピーダ野生馬真鍮像」

ナマのお馬さんも良いけど、こちらもなかなか良いのです。


 

池には水鳥がいっぱい泳いでます。

以前はオシドリも見かけたのですが・・・このところ会えてない。

 

池の周遊路(一周1.5KM)に時折立っているこの看板、センス良いな~っていつも感心してしまいます。

 

ってことで今日も3時間、満足のお散歩コースです。

 

⤵ 一昨年ここで見た「オシドリ」