「笹団子」と「しぼ」

 

 

写真向かって左は「笹団子」

右は? 初めて見ました「しぼ」という萱の葉を編んだ籠に入った笹団子です。

 

これを送ってくれたのは、島根県在住の舎主の長年の友人。

生まれも育ちも島根県の彼が、偶然見つけて(彼も初めて見たそうです)感動したからと、わざわざ作っている方を探し出して、作ってもらって送ってくれたのです。

 

この野性味あふれる外見と手仕事、そして友人の気持ちには、感動以外の言葉は見つかりません。舎主と共に、彼の指示通りに調理(と言うほどでもない)してみました。

 

その「ドキドキ感」を写真と共に紹介しちゃいます。

 

 

 

続きを読む 0 コメント

江之浦測候所

「小田原文化財団 江之浦測候所」に行きました。

体調が万全ではない舎主も、ここだけは何としても行きたい!と、4人の友人の助けも借りて、高低差の多い広大な所内を歩き通しました。

皆さんに感謝!です。

 

相模湾を見下ろす絶景の中を歩くうちに、なぜ「測候所」なのかという疑問は解けてきます。

 

古今東西から集められた、石・材木・建築物・・・それらで再構築された空間を歩くうちに、「天空を測候する」(江之浦測候所パンフレットより)という言葉の意味が分かるような気がしてきました。

続きを読む 2 コメント

京都、5年ぶりの積雪14センチ

庭の二宮金次郎さん、そのお姿では寒そうや(>_<)

本を開いてはみたけれど、雪が積もってしまって読めないね

続きを読む 2 コメント

雪の修学院離宮

続きを読む 2 コメント

「平井常榮堂薬局」のこと

友人のHさんが、11月8日、漢方薬局を開業されます。

 

川端二条で『平井常榮堂薬房』として1701年(元禄14年)の開業以来、320年も続いたお店を引き継ぎ、高野の地で新たに出発されるそうです。

 

玄元舎としても、お店のロゴや、(昔懐かし)薬箱など、すこーし協力させていただきました。

 

何せ、320年の町家の店舗を、現代の店舗に引き継ぐのですから、もう大変!!

 

 

続きを読む 1 コメント