ごあいさつ

ここは玄元舎職人(K)の相方である(E)の管理するページです。

玄元舎は比叡山の京都側の麓に位置します。

比叡山から大文字山に連なる京都の東山の四季の彩りを借景に、近くに赤山禅院・鷺の森神社・曼殊院・詩仙堂‥と、自然や人が創り出した「モノ」に感謝しながら生活しています。

「紙」を媒体とする物創りに熱中する(K)を見ながら、私もこの場所から何かを伝えられたら、との想いでこのページを始めました。(E)

 

最近のブログ


武田薬品 京都薬用植物園に行ってきた

我が家から徒歩10分のここ「武田薬品京都薬用植物園」

一般募集する研修会があることを知らずに、入りたい、入りたいと・・・

特にこの明治時代の建築物が移築されてからは、塀越しに背伸びして覗き込みながら散歩していました。

しかしなんと、HPに年4回の研修会の募集の案内が・・・申し込んだら簡単に入れてしまいました。

切望し続けたウン年間は何だったの?

ああ!「武田薬品のケチ!」とまで言った私をどうぞ許してください。

続きを読む

「慈光院」で片桐石州の茶席を味わう・・・社主の相方Eのブログです

「茶庭」というと、限られた空間の美というイメージを持っていた私には、この江戸初期に造られた庭は衝撃的でした。

 

パンフレットに書かれている・・・「境内全体が一つの茶席の風情になるよう考えられており、表の門や玄関までの道、座敷や庭園、そして露地を通って小間の席という茶の湯で人を招く場合に必要な場所の一揃えが石州の演出そのままに残されている。」

まさしく「石州の演出」を体験してきました。

 

 

【画像はクリックにより拡大します】


続きを読む

初めての「金継ぎ」・・・舎主の相方 京ねこのブログです

「金継ぎ(きんつぎ)とは、割れや欠け、ヒビなどの陶磁器の破損部分を漆によって接着し、金などの金属粉で装飾して仕上げる修復技法である。金繕い(きんつくろい)とも言う。」(Wikipediaより)

 

それは知っていたけれど、自分が金継ぎした陶器を持つことができるなんて考えたことがなかった。

 

だって、「金」・「漆」を使用する、陶器の割れ・欠けを埋めて接着する・・・なんとハードルが高い!

 

そもそも、そこまでの経費(自分じゃできないし、どこかへ修理に出すしかないなあ、と・・・)を掛けるほどの高価な陶器なんてもってないし。

続きを読む

春の西大台ケ原を歩いてきた・・・舎主の相方京ねこのブログです

【画像はクリックにより拡大します】

木の意志が伝わってくるように感じるのは、私だけではないと思います。

そんな気配を感じたくて山に行くのだと思います。

 

前回の秋の大台ケ原に続いて、今回は「春」

下界は夏日とか言っていても、標高1300~1500メートルのここは、今が春の真っ盛り。

樹木の新緑が本当に美しい!

 

正式名称は「吉野熊野国立公園 大台ケ原」

東大台は自由に散策が出来ますが、西大台は「利用調整地区」になっており、事前の立ち入り申請とレクチャー受講が義務付けられています。

 

入之波温泉に前泊して9時についた時には、すでに駐車場は満車に近く・・・「新緑の時期だし、やっぱり人出が多いんや~」と思いきや、ほとんどは東大台だけを見て帰る観光客・・・せっかくここまで来て、もったいないなあ~。

5時間10キロの西大台を歩く間に会った人は数組、あとはパトロールの人に2回・・・絶対無許可では入れません!首から下げた許可証と名前もその都度チェックされます。見つかったら6か月以下の懲役か50万円以下の罰金ですよ。 (「自然を守る」姿勢が徹底しています!)

 

続きを読む

「空飛ぶ茶室と泥船」を見てきた!・・・舎主の相方京ねこのブログですの

連休の大渋滞の中、長野までドライブ?神社と資料館と考古館を見に?冗談でしょう!(E)

 

「空飛ぶ茶室」と「空飛ぶ泥船」やで~、藤森照信建築やで~

見たいやろ~?(K)

 

おおっ!行く行く!

運転手、させていただきます(E)

 

と、乗せられた。

 

続きを読む 0 コメント

この年齢になって故郷で見つけたもの・・・舎主の相方京ねこのブログです

仰徳学寮(元有栖川宮熾仁親王邸) 県指定重要文化財

(1884年明治17年建築、1938年現在地に移築)

【画像はクリックで拡大します】

故郷ー静岡県掛川市を出て四十余年、生まれた土地のことを知ろうとしてこなかったなあ~と思い始めています。

そこで今回、掛川城の散りかけた桜を見た後、「大日本報徳社」へ行ってみました。

 

全国の学校に二宮尊徳像は建っていて、報徳社も全国にあるのだと何となく思っていた。というか、そもそも「報徳社」が何物かも考えたことはなかった。

 

 高校へは毎日この建物の横を歩いて通った。が、じっくり見ようとも思わなかった。


続きを読む 0 コメント

岡崎 白川の桜・・・舎主の相方京ねこのブログです

続きを読む 0 コメント

青春18キップで勝山バンビラインへ行ってきた・・・舎主の相方京ねこのブログです。

【画像はクリックで拡大します】

 

早春の越前はやっぱり良い!

まだ雪を頂いた山、九頭竜川の春、ここに青春18きっぷを使って来るのは本当に価値があります。

九頭竜湖に向かう「九頭竜線」、勝山に向かう「勝山永平寺線」どちらの「えちぜん鉄道」も大好きです。

 

今日は勝山駅のすぐ脇の小鹿山(371.76M)に登り、比島観音から隣の比島駅にでる2時間半のコース。

名前が可愛いすぎる「バンビライン」にカタクリとイチゲの花を見にやってきました。

 

 

続きを読む 0 コメント

「日本一長い路線バス」にタダで乗って果無まで・・・舎主の相方京ねこのブログです

続きを読む 0 コメント

松尾大社で石見神楽をみた・・・舎主の相方京ねこのブログです

京都市西京区にある「松尾大社」の節分祭に、毎年石見神楽が奉納されると聞いた。

なぜ?と思ったら、出雲の神「素戔嗚尊(すさのおのみこと)」は松尾大社の祭神「大山咋神(おおやまぐいのかみ)」の祖父神にあたる、というご縁からだそうな。

 

一昨年、温泉津温泉で見て以来はまってしまった石見神楽、行ってきました。

 

 

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント